12月1日(水)〜31日(金)まで、オオサカホイール「観覧車 de セルフ写真館」を期間限定で開催中です。

コロナが収まっている今がチャンスと、エキスポシティーの観覧車に初めて乗ってみました。
2016年7月の開業から、もう5年も経っているのですね。

181209_大阪ホイール01a@630

この観覧車は123Mという、日本一の高さを誇っています。夜はライトアップもされていて、新型コロナウィルス関連や、その他の告知用にも活用されています。
少し高い建物にいると、ライトアップが意外なほど遠くからも見えて驚くことがあります。

211130_大阪ホイール41aカメラ@630
今回の『セルフ写真館』とはどうなっているのかというと、ゴンドラの内部に撮影機材(デジタル一眼レフ)や、スマホの固定装置などがあり、備え付けのカメラで撮っても良いし(ムービーも可能です)、マイスマホで撮るのにも大変便利にできています。
一周してホームに帰着後に、データーをスマホに転送か(無料サービス)、メディアに入れてもらえます(SDカード:¥1,000)。

211130_大阪ホイール39@630
前方に千里中央のタワーマンションが見えています。

211130_大阪ホイール17a@630
右下の太陽の塔が可愛く見えます。当然ながらゴンドラ内からの風景が雄大で、床もシースルーで足下に地上が見えるので、ゆっくりと空を飛んでいるような感覚です。

211130_大阪ホイール03a@630
特別仕様のゴンドラは8基で、カラーも8色から選びます。
どの色もきれいで、迷いましたが実際に乗ったのは、レッド。

211130_大阪ホイール14c@630
撮影に役立つ、楽しい小道具も揃えてあります。

211130_大阪ホイール25a@630
ライトブルーゴンドラはこんな感じで、やはりクリスマスらしい演出がされています。

d30897-34-8c15fb344c19246a306f-11
 -公式HPより-

211130_大阪ホイール42a@630
特別仕様のゴンドラ8基の一つは白で(デコレーションはあり)、それ以外の通常のゴンドラも内装はきれいな白で夜空が映えます。
中で飲み物が飲める仕様の観覧車は、オオサカホイールだけらしい。

211130_大阪ホイール56a@630
あべのハルカスや梅田スカイビルの空中庭園展望台にも行き、それぞれの眺望を楽しんで、良い思い出になりましたが、一度で十分と思ってしまいます。
でも親しい人と一緒に、ゆっくりと上がり下がりを楽しめるこの観覧車には、もう一度乗りたいなと思う。

降りてから、観覧車を見上げて、あんな高いところに行っていたんだなあと、改めて感心する高所恐怖症人間なのでした。

冬季・クリスマス特別な8種の空間!

●冬の季節やクリスマスのテーマに応じた装飾で彩られた空間で写真が撮影できます
●計8種類のゴンドラがあり、それぞれ異なる写真体験が可能です。
(どのテーマのゴンドラに乗れるかはランダムで、当日のお楽しみ!)
【観覧車deセルフ観覧車】
■特別ゴンドラ  全8台にて稼働
■期 間    2021 年12月1日(水)から12月31日(金)
■料 金  企画専用チケット1,500円/人(乗車料込み)
※3人以上で乗車するとお得なグループチケット※も販売
※基本料金1,500円/1名
1グループ2名でご利用の場合:3,000円
1グループ3名でご利用の場合:4,200円
1グループ4名でご利用の場合:5,300円

■購入方法  公式サイトにて予約販売中 or  現地にて購入可能

Wikipedia:REDHORSE OSAKA WHEEL