<追記>無事100%達成されました。おめでとうございます!(2021.11.28)

【人生は一度きり!ガンで余命宣告を受けた26歳が伝えたいことがあります。】
クラウドファンディングをされている大阪府在住の青年がおられます。
募集終了は11月28日中まで!(残りわずかです)。

■以下クラウドファンディングサイトより引用です。


25歳でガンになり、余命宣告(2021年1月に、余命10〜70ヶ月と宣告)を受けた甘利です。
昨年2020年までは至って健康に過ごしており
大阪のとある焼肉屋の店長として働いていました。
働いている中で時折、腰や足が痛むことがあり
違和感を感じていましたが
身体を使う仕事ということもあり
時間が経てば治るだろうと放置していました。
しかし、同年の9月に腰が痛み初め
その痛みが2ヶ月ほど続いたので
不審に思い病院を受診しMRIを撮ったところ
胸椎と腰椎の間に腫瘍ができていると告げられました。
その後、本年1月に大病院にて再度検査したところ
悪性の腫瘍であることが判明しました。
その腫瘍の前例は世界全体で100件程で
これまでの前例では最短で10ヶ月
最長でも70ヶ月と伝えられました。
初めは余命宣告を受け入れられずにかなりショックを受けました。
しかし、家族をはじめ、まわりの友人などの助けもあり
現在では「今自分にできることを精一杯やろう」という思いで
日々前向きに生活を送っています!
このプロジェクトで実現したいこと
以下箇条書きで列挙します。
・自分の生きた証を残したい。
・1人でも多くの人に前向きに生きて欲しい(甘利は超ポジティブ人間です)
・以上2点を実現する為に本の出版をしたい。

■詳細は、クラウドファンディングサイトをご参照ください。



11月27日(土)12:00現在の支援状況です。96%達成!


スクリーンショット 2021-11-27 12.00.06


実は私自身も多重癌の経験もあるため、心から応援しています。
医師の予想外の展開が、良い方に起きることもありますので、

執筆も、闘病も成功されますようにお祈りします。