一月以上もブログからご無沙汰しているうちに、南茨木駅がだいぶ姿を現してきました。

■一部覆いが取れて、こんな駅になるのだなあという感じが掴めるようになった。
シンプルな建物のようです。

IMG_1111


■内部には大きな窓から、外の明りも入って結構ゆったりと開放感のある空間です。
IMG_1123

■エレベーターの入口周り、シンプル イズ ベストという方針らしい。
IMG_1076

■エレベーター内は、かなりゆったりしていて、確か26人定員と書いてありました。
IMG_1074 (1)

■オー!やっと撤去して樹木のある駅前に戻してくれるようだ!と思ったが・・・。IMG_1113

■『塗装 修繕』?!(-.-;)
 毎日見てサンチャイルドに愛着を持たれている方もおられるのだろうから…。
IMG_1114

■最後に、11月15日で閉店された、「TUTAYA南茨木店」の元気な頃の画像です(2012年)。
この後、25:00まで営業の時代が長かったです。
DVDなどを借りるのではなく、ダウンロードする時代になったからでしょうね。
121122ツタヤ南茨木z

この店の前はアミーという雑貨店で、なかなか豊富な品揃えで楽しく便利でした。
そんな昔の話は、どこにも載っていないので、ついでに書くと、今『なのはなドラッグストア(元阪急共栄薬局)』になっているところは、花屋・衣料品店など、5つぐらいのテナントが入った、小さなショッピングセンターでした。

それは約30年ぐらい前で、マンション群はあるものの、田畑もかなり残っっていて、お正月には田んぼで凧揚げができて、春にはレンゲが咲き、田んぼの水路にメダカがいっぱいいたし、夏はカエルの大合唱が聴けました。
畑の脇の家の庭では、鶏を飼っておられて、朝は当然「コケコッコー」と鳴くし、しばらくすると別の家の九官鳥が、「オハヨー、オハヨー」と鳴いて、良い目覚ましになった。
とても少なくなりましたが、まだ農地を残して下さってる方々に感謝しています。

■12月9日追記:10日(木)から、階段が使えるようになり、それに伴って長年使い慣れた旧階段は閉鎖となりました。