7月に入って、いよいよ夏だなあという暑さですが、綺麗な紫陽花に慰められた6月でした。

6月中旬過ぎに始まって、6月いっぱいで終了した、
久安寺の紫陽花浮かべは、今年もすごい人気でした。 
土日は、駐車場が満杯になってしまった日もあったようです。
池田市の山手にある久安寺は、市街地よりもやや涼しいでしょうから、
紫陽花浮かべは終わっても、まだ少し紫陽花も楽しめるかもしれませんし、
ハスも咲き始めたそうです。

久安寺さんは、まめにツイッターやインスタグラムで、情報発信されているので、
親しみやすい感じのお寺ですが、実はビックリするほど古い歴史のあるお寺で、
行われている行事も本当に数多く、心のこもった運営に頭が下がります。

"寺伝によれば、神亀2年(725年)に聖武天皇の勅願を受け、行基が開創し、天長年間(824年 - 833年)の頃に空海(弘法大師)が真言密教の道場として中興したと伝わる。"  (Wikipedia 久安寺)


紫陽花浮かべは、少し元気のなくなりそうな紫陽花を、
大きな水盤のような感じの池に浮かべておられるのですが、
6月18日に紫陽花浮かべを始められて、次の週末はこんな対策が必要になっています。

"予想以上の沢山のご参拝にまず感謝です。そして駐車場に入れなかった方、 阪急バス満員 乗れなかった方々、近隣の方々、通行の方々、 道路大渋滞を引き起こし申し訳ございませんでした。 臨時駐車場含めP100台→P120台 駐車場整理→駐車場整理増員、国道通行整理に変更して明日を迎えます。” (久安寺さんのツイッターより)



久安寺公式HP
  

twitter公式twitter
instagram 公式instagram

【DATA】
住所:池田市伏尾町697
TEL:072-752-1857
拝観時間 9:00-16:00 (入場は15:30頃まで)
駐車場 あり (無料)
拝観料 300円
*変更の場合もあるかもしれません。

境内に素敵なうどん屋さん「かやの木」があるのも楽しみですね。


万博記念公園・服部緑地・家の近所などで、いろんな紫陽花が楽しめた6月でした。
紫陽花2色

ブログランキング・にほんブログ村へクリックの応援をお願いします。m(_ _)m