落ち着いた明かりの中で、個性豊かな文具や雑貨が、何かささやきかけてくるような、お茶目な妖精が潜んでいるような気配があります。奥にギャラリーが設けられていて、そちらに向かって少し明るくなっているので、宝物発見の気分がします。もちろん本の品揃えにも、独 ...