久しぶりに、千里中央の有名店の一つ「果琳珈琲店」を訪れたのでレポートします。

先日、"転勤族カフェ"で「アップルパイが食べたい、この辺りで美味しいところは?」の質問が出ていたときの回答に名が挙がっていたので気になっていたところ、子ども同伴無しでのモーニング時間帯に、待合わせ予定ができたので、この機会にと。
*"転勤族カフェ"は転勤族の多い豊中で、ほぼ定期的に開催されている情報交換の集いです。

果琳珈琲店とは?

果琳珈琲店は北摂を中心に根強いファンを持つ喫茶店で、千里中央の他に服部天神・三国にあります。
*3店とも、お店のHPなどは今のところは無いようなので、Googleの検索結果を記事の最後に貼っておきます。

店頭の看板によると、創業は昭和48年!千里中央店がいつからあったのかは掲示などでは分かりませんが、古くから千里中央を知っている方によると『かなり昔からあり、内装もずっとこのままの雰囲気』だそうです。千里朝日阪急ビルができたときに入居して、≒25年ほど経っているのでは?とのこと。

経年劣化してもそれが味になるような良い素材で作られているからこそでしょうか。長年営業していても途中改装するようなお店が多いなか、いつ行っても同じというのも落ち着ける要因の一つですね。転居などで離れた後千里を再訪したときには、ここも訪れたいという気にもなります。

店内(外観、内装)

お店全体の外観写真を撮るのを忘れました…。入口には美味しそうな写真やメニュー、該当時間にはモーニングの看板が出ています。
IMG_20171023_102916

入るとまず右手にレジがあり、ケーキや珈琲など、持ち帰りもできるものが置かれています。
IMG_20171023_105022

左手にカウンター。どっしりした梁が印象的。壁掛け時計も趣があります。
IMG_20171023_105032

座席の奥の方の天井にも梁が。全体的にとても落ち着いた重厚な雰囲気で静かな空間です(なので、やんちゃな幼児連れでは入り辛かったのですよね)。
IMG_20171023_105014_e
お1人様でゆったり珈琲を楽しんでいるお客さんが殆どでした(このときは平日午前中。お昼に近付くにつれ賑わって来ましたし、時間帯や曜日によって客層や雰囲気は多少違うかもしれません)。

メニュー

珈琲は、こちらの一覧と、
IMG_20171023_103807


他に、「」の表現が印象的な日替わりもありました。
IMG_20171023_103730

日替わりでなく指定して注文もできるようです。
IMG_20171023_103844
旅と言われると、より色々制覇したい気になってしまいます。近所で働いていたら、休憩時間に毎日通ってしまいそうです。

食事系メニューは、11時までのモーニングセット以外にも、トーストやサンドイッチ、飲み物とのセットがあります。
IMG_20171023_103648

ケーキにも惹かれるものがたくさん。手作りだそうです。
IMG_20171023_103837


注文したもの

迷いに迷って私が注文したのは、結局アップルパイと果琳ブレンドのセット(900円)。
IMG_20171023_105249_e

薄切り林檎がぎっしり!林檎が堪能できます。タルトも含めてしっとりした食感で、程よい甘さ。
IMG_20171023_110448
イートインだと温めて提供されるようです、持ち帰りなら温めていただくとより美味しいとか。

ちなみに「りんごケーキ」(下記写真上段右)というのもあります。こちらは薄切りされた林檎がまるっと入っているタイプ。
IMG_20171023_104155

違いは、アップルパイの方が甘くて、どこを食べても林檎があるとのことでした。価格は「りんごケーキ」450円、「アップルパイ」500円。
IMG_20171023_104218

もう一つの注文は、この時間(11時まで)限定のモーニングセット(520円)。こちらも美味しそうでしたし、珈琲単品が500円なので、かなりお得感がありますね。
IMG_20171023_105330

店舗情報  

果琳珈琲 千里中央店 TEL:06-6836-6830
住所 大阪府豊中市新千里東町1丁目5-3 千里朝日阪急ビル2階
モノレール千里中央駅改札を出て右手に進み、最初に現れたビルの入り口入ってすぐ右手

営業時間  10:00〜20:00(L.O.20:00 閉店20:30とのこと)
定休日   1月1日
禁煙・喫煙 分煙、時間帯分煙で、18時以降一部席が喫煙に
(これは、今後状況により変わるかもしれませんね)
■ 果琳 千里中央店 (北摂なび)  https://www.hokusetsu-navi.com/gourmet/karin-senri/ 

■ 豊中駅前にも果琳という喫茶店がありましたが、数年前に改装して「きりん珈琲」に。
(果琳を師匠とするとのことで、一歩下がって「か」の次の「き」に変えたとの説も…。)

果琳の検索 2017-1102