先週末、千里阪急百貨店の催事で、「行列のできるおいしいもの」として「松竹堂」のフルーツ餅が期間限定販売されていました。

販売開始の少し前に通り、今は買えないから帰りに残っていてーと思いつつ通り過ぎましたが、帰りにはやはり・・・
[画像:9377017b-s.jpg]
完売・・・(ノД`)・゜・。想像通り人気だったようです。

それで思い出したので、以前買ったときの写真でご紹介します。


「松竹堂」のフルーツ餅とは

こちら!千里阪急で販売していたのは6個入りですが、こちらは4個入り。
P1060240

カラフルな外見でまず期待が高まります。さらに、切ってみると中がこれ!

P1060241

そう、お餅の中にフルーツがゴロッと丸ごと入ってるのです。なんとも贅沢。たまりません( ̄ー ̄)

でも苺だけだと苺大福などで見慣れてて感激が薄いかもしれませんね。でも松竹堂さんはこれだけじゃなく・・・

じゃん!
IMG_5049

キウイもメロンもパイナップルも!他にも色々なフルーツがゴロリと入ってます♪

フルーツは瑞々しくて、お餅はほど良い厚さと甘さで、美味しくて満足感があります。


こだわり

この「フルーツ餅」、とてもこだわって作られています。創業明治二十二年、ものすごく長い間、こうして丁寧に作られてきたのですね。

・全てハンドメイド
果物のカットから最後の仕上げに至るまで全てハンドメイド』だそうです。確かに外側の細工は手作業かなと思っていましたが、カットから全てなのですね。コストや時間をかけても常に高水準のお菓子を提供するため妥協しない姿勢はとても好感が持てます。

・旬のフルーツ
季節感を大事にして、そのときどきの旬のフルーツが使われています。果物には、国産を中心に世界中の産地から、餅生地と餡に合うものが選ばれています。

夏場にあったマンゴーは9月頭で終わり、8月末からは柿が始まっています。ほか、桃・マスカット・ブドウなどがあるようです。


・デザイン
そういえば購入時、外観から中身のフルーツが想像できないことを不思議に感じていました。これ、敢えてそうしているようです。

中身の種類や季節によって全てデザインが違うそうです。それは「食べる楽しさと、目で見る楽しさ」という企業理念から、驚きや感動を食べる前にも感じて欲しいという思いから。
例えば、マンゴーは南国の夕焼けをイメージし、キウィは小川に見立ててラインを書き、春には桜色、夏には藤色、秋には紅色の小川になるようにし、栗は山に見立てて、秋は黄色、冬には冠雪の白を、という風にテーマがあります。

何が入っているんだろう?何に見立てたデザインなんだろう?と考えだすと、より楽しめますね。


買える場所

・エキスポシティ観覧車(RED HORSE OSAKA HWEEL)の「マルミエプラザ」
あまり知られていないかもしれませんが、万博公園駅のエキスポシティにも常設店舗があります。上記写真は4月にここで買ったものです。

好評につきその後、週末だけでなく毎日販売されているそうです。ここでの販売は4個入りで、1個からも購入可能とのこと。

・百貨店催事
さすが人気商品だけあり、あちこちでお取り扱いされています。千里阪急でも隔週くらいの頻度で出会えますね!


・オンラインショッピング
そのまんま通販というサイトにお店があり、6個入り、10個入りが購入できます。
http://www.sonomanma.co.jp/shop.php?name=index&shop=C0002813


・店舗
松竹堂 吹田山田本店
住所 〒565-0821 大阪府吹田市山田東2丁目36-2
電話番号 06-6877-1125 (店舗専用ダイヤル 10:00~19:00まで)
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日
駐車場 店舗手前約50m左手に4台


店舗名 松竹堂 神戸店
住所 〒658-0081 兵庫県神戸市東灘区田中町1-13-22 本山アーバンライフ1階(本山アーバンライフ北側、一方通行道路沿い)

電話番号 078-855-8873 (店舗専用ダイヤル 10:00~19:00まで)
営業時間 10:00~19:00
定休日 火曜日
駐車場 無し
アクセス JR摂津本山駅南口より徒歩1分


まとめ

「松竹堂」フルーツ餅は、旬のフルーツを丸ごと使い、全てハンドメイドでデザインにも拘って丁寧に作られたお菓子です。

万人受けする北摂のかなり有名店だと思いますが、行動範囲内に無かったので、転勤後数年存在を知らずにいました。

知らなかった方も、お近くに店舗がない方も、万博公園エキスポシティや百貨店、ネットでも購入可能です。フルーツやデザインがその時々で変わるので、逃して後悔しないよう、気になるものがあったら出逢ったときに買ってみてはいかが?