「吹田のゾウ」なるお酒があるって、知ってますか?北摂住民なら是非知っておきたいこのお酒に、今月から、子ども(「吹田の小ゾウ」)も加わりました。
image

なぜ吹田?

この親子(?)、どちらも吹田市産のお米でできた日本酒なんです。原料の一部に、吹田市産のお米「ヒノヒカリ」が使われています。


上の写真で田植え体験されているのは酒店の方。吹田(南千里駅前)に店舗のある「木下名酒店株式会社 Kinoshita」さんなのですが、このお酒はなんと、このお店が作ってるんです。

酒店ってお酒を売るだけかと思っていたら、それだけじゃないんですね(!)。こちらの酒店は店内に飲食スペースもあるし、自然派の食品も販売していたりととても先進的な酒店のようです。

こちらの新聞記事にあるとおり、『日本酒を通して吹田に愛着を持ってもらおうと』地酒づくりを始めたそうです。『飲めば吹田を思い出す。そんな地元の味に育ってほしい』と。


たしかに吹田市を含め北摂には移り住む人が多いと聞きます。転勤族が多いので、転出者も多いはず。住んでいても、その土地を離れても、地元の名物があるのは嬉しいものです。その土地に愛着を持つにも、懐かしく思い出すにも、人に紹介するにもいい。

なぜゾウ?

そして誰もがもつ疑問、なぜゾウ??前述新聞記事にチラッと出てますが、吹田市内で化石が発見されているそうです。大昔、吹田にゾウが住んでいたんだぞう(寒)。

そんなマニアックな事実をもっと市民に広めたいなーという思いもあるそうです。

豊中市のマチカネくんと違って吹田市は「すいたん」、像アピール全然してないですねー。

「ゾウ」と「小ゾウ」の違いは?

製造元の酒造さん含め、以下の赤字部分。
「吹田のゾウ」
純米大吟醸。甘すぎず辛すぎず美味しいゾウ
使用米:山田錦(兵庫県産)、ヒノヒカリ(吹田市朝日が丘町産)
精米歩合:47%
日本酒度:-1
酸度:1.3
アミノ酸:1.0
アルコール:17
製造元:有限会社 秀鳳酒造場(https://www.shuhosyuzo.com/)@山形県

「吹田の小ゾウ」
特別純米酒。ほのかに甘く、まろやかな味わい
使用米:山田錦(山口県産)、ヒノヒカリ(吹田市朝日が丘町産)
精米歩合:60%
日本酒度:+1
酸度:1.7
アミノ酸:1.1
アルコール:16
製造元:株式会社 はつもみぢ(http://www.hatsumomidi.co.jp/)@山口県
価格は小ゾウの方が少しだけお安くて、小ゾウにだけ300ml瓶サイズもあるみたい(小ゾウだけに?(笑))。720ml瓶と1.8L瓶はどちらにもあります。

どこで飲める?

この後ご紹介するお酒含めて全て、こちらのお店「木下名酒店株式会社 Kinoshita」さんのみでの限定販売だそうです(店舗はKINOSHITA<shop&BAR>)。日本酒バーの福waraiさんでも飲めるそうです。


イベントに菰樽(こもだる)の貸し出しも!地元カップルの結婚式や地元チームの飲み会など、これで鏡開きしてみてはいかが?

これだけじゃない。Kinoshitaさんが作ったお酒

さらに他にもあるんですよ。こちらの酒店さんが作ったお酒。

地ビールに


白ワイン


image

これら限定販売の地元のお酒のほかにも、評判の獺祭など珍しいお酒もその他食品類も色々置いてあり、店内で飲むこともできます。北摂愛がある方、お酒好きな方、一度は訪れてみると良いですよ(^_-)

南千里の記事はこちらにも → タグ「南千里」

店舗情報

KINOSHITA<shop&BAR>
565-0862 吹田市津雲台1丁目1-30-102 阪急南千里駅前ガーデンモール1F
06-6871-4636
営業時間: 10:00〜21:00
サイト:www.kinoshita-meisyu.com
facebookページ:https://www.facebook.com/kinoshitameisyuten
Instagramでの#吹田のゾウ:http://www.thepicta.com/tag/%E5%90%B9%E7%94%B0%E3%81%AE%E3%82%BE%E3%82%A6